発見!「睡眠時間と肥満との関係」:眠るだけダイエット

オールトBB株式会社
日本リンパマッサージ協会
リンファティックテラピーサロン加盟FC(代理)店募集


メタボリックシンドロームにはリンパマッサージが最高です

リンパマッサージは、日本リンパマッサージ協会の

リンファティックテラピーを薦めします。  講座案内はここをクリック



個人経営者(フランチャイズオーナー)募集
◆米国発【集客法】+【全自動HP】付ビジネス新登場!◆

        資料請求は   ココをクリック



        ビックリ!睡眠時間が短いと肥満になる


睡眠時間は、どのくらい必要か? とうい疑問がある。
アンケートによる世界の平均睡眠時間は7時間半だそうです。

しかし人間の60兆の細胞の内1兆の細胞が一晩の内に入れ替わる(新陳代謝)ためには、8時間の睡眠が必要です。それも、全く身体を地面に平行にして、重力が1Gの場合です。
これが、恒温動物、哺乳類、人科の大原則です。

この条件から外れると細胞の再生に負債が生じ、体内毒素の排出に影響が出ます。

色々なダイエット方法を実行してガッカリした経験がありませんか?
わたしの場合は、色々なダイエットのサプリメントを試した経験があります。
結果は、殆ど効果は認められなかった。

ダイエットすなはち減量の大原則は、取り入れるエネルギー(カロリー)を消費するエネルギー(カロリー)より少なくする事です。

加えて、健康的に長生きする原則は、明らかで、感覚的に「腹八分目」です。過食を避けることです。食べる量を減らすことで確実に長寿になれます。

メタボリック症候群は、生活習慣病の原因です。肥満は、過食が原因です。

では、人はなぜ過食に陥ってしまうのか?

DNAの損傷で満腹中枢が機能しない場合もありますが、原因は、睡眠不足でした。

現代生活は、ストレスだらけ。ストレスを受けると食欲を促すホルモンが活発になります。

睡眠に関する優れた最新(2004年)の研究により、新たな発見がありました。
睡眠不足もストレスとして食欲を促進させることが、大規模なアメリカの大学の医学部の調査研究で明らかになったのです。(エール大学、シカゴ大学、コロンビア大学、スタンフォード大学)

以外な原因でした。

理論的な解釈は、睡眠不足になると炭水化物の代謝が妨げられ、その結果脂肪が蓄積されて太り気味になる。と考えられています。

食欲を促すホルモン「グレリン」の量が多くなり、満腹中枢を刺激するホルモン「レプチン」の分泌が減少するというデーターが出ているのです。

良質で充分な睡眠をとるだけで、ダイエット(減量)を達成できる事が明らかになりました。

ぐっすり眠れば眠るほど、身体は空腹感と食欲をコントロールする化学物質(ホルモン)を中枢神経を通じてバランスを取ることが出来るのです。

著書:「眠るだけダイエット」参照

Reported By Peter McCallum

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック