大発見:タンパク質「ガーディン」

オールトBB株式会社
日本リンパマッサージ協会
リンファティックテラピーサロン加盟FC(代理)店募集


メタボリックシンドロームにはリンパマッサージが最高です

リンパマッサージは、日本リンパマッサージ協会の

リンファティックテラピーを薦めします。  講座案内はここをクリック



個人経営者(フランチャイズオーナー)募集
◆米国発【集客法】+【全自動HP】付ビジネス新登場!◆

        資料請求は   ココをクリック



         たんぱく質「ガーディン」


2008年2月11日(月) 中日新聞によると、

名古屋大学、大学院医学研究科のグループが毛細血管の形成に関与するたんぱく質
「ガーディン」を発見。と報道。


がん細胞を含め、組織細胞が増殖するするには、新たな毛細血管の形成によって、酸素や栄養素が必要になる。

サメの軟骨には毛細血管の増殖を抑制する働きがあり、ガン細胞の増殖を抑制に利用するサプリメントがあります。

遺伝子操作してガーディンを欠損させたマウスで、目の網膜や脳などの毛細血管が形成される状況を解析したところ、正常なマウスより4割近く毛細血管が減少したことを確認。ガーディンが、毛細血管形成の決め手になっていることを突き止めた。


このメカニズムを応用して、毛細血管の内皮細胞に多く含まれる「ガーディン」と呼ばれるたんぱく質の働きを抑制する薬物を発見して、がん細胞抑制や糖尿病性網膜症の治療への応用への道を開いた。


<参考文献>

新遺伝子発見!がん細胞を活性化する
がん細胞を活発にする新しい遺伝子を名古屋大大学院医学系研究科の高橋雅英教授らのチームが発見した。

「ガーディン」(GIRDIN)と名付けた細胞の動きを促進する新たな遺伝子が、がん細胞に多く含まれる「アクト」と呼ばれるタンパク質と結合し、リン酸化することで活発になるという。

実験でガーディンの働きを止めると、がん細胞がほとんど動かなくなったことから、ガーディンが細胞運動に不可欠であることも裏付けられたという。

ガーディンについて研究が進み、ガーディンとがん細胞の関係がより詳しく明らかとされれば、がん治療につながるため期待される。

(メディカルインフォマティクス(株)看護師:山口)


Reported by Peter McCallum



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック