遠近両用メガネ

オールトBB株式会社
日本リンパマッサージ協会
リンファティックテラピーサロン加盟FC(代理)店募集


メタボリックシンドロームにはリンパマッサージが最高です

リンパマッサージは、日本リンパマッサージ協会の

リンファティックテラピーを薦めします。  講座案内はここをクリック



個人経営者(フランチャイズオーナー)募集
◆米国発【集客法】+【全自動HP】付ビジネス新登場!◆

        資料請求は   ココをクリック


          遠近両用メガネ

最近めっきり近くの細かい文字が読みづらいのです。

中学1年生の時、友人がメガネをかけていて、「オー、カッコいいな!」と思った。

「望むとそれが実現する。」・・・・・・・で、それからしばらくして、私もメガネ生活になった。

私を見て、カッコいいと思った人がいたかどうか定かではない。

私がメガネ生活になった原因は、勉強のし過ぎと言いたいのだが、たぶん暗い部屋でのテレビの見すぎにあったのではと思う。 部屋の照明を灯けずに手元の蛍光スタンドだけて読書をしたのも原因かも知れない。

当初は、”仮性近視”と判定されていたが、いつしか本物の近視になっていた。

以来、メガネ生活がずっと続いているわけだが、コンタクトレンズにしたいと思った事は一度もなかった。

特に大きな不自由は感じてなかったが、最近めっきり近くの細かい文字が読みづらいのです。

本をよ読む時は、メガネを外したほうが良く読めるのです。

人呼んで「老眼」なのだろうです。 人が避けて通れない道なのか?

めがね屋に行って、検眼を依頼した折に聞いてみると、こればっかりはどうにもならない。
すなわち治らないと告げられた。

老眼=遠視 近視だった目が遠視になれば、単純に近視は治るとずーとそう思っていた。
その幻想は見事に打ち砕かれたのだ。

早い人で30歳後半から老眼が始まる人もいるそうだ。

メガネのフレームを少し下に下げて新聞を読む姿を見られ、老人扱いされるむなしさがそこにはあった。

年相応の成り行きなのだろう。老いるとはそうゆう事なのだと悟る時期に来たのか。

その後にも、別のめがね屋に検眼に行き、真実を確かめる悪あがきをした。

そして、ある決断をしたのだ。あるきっかけで。・・・・・

そのきっかけとは、新規メガネショップのオープンチラシ。

”遠近両用メガネがフレーム代金だけでレンズ代が0円”

気に入ったデザインのフレームをそのショップで見つけたので、意を決して遠近両用メガネに挑戦してみた。

検眼時、ずいぶん時間がかかった。最初の検眼担当者は、私の要求にギブアップ。
もう一人の検眼士の出番となった。私の要求が過酷だったのか?

遠目と近目のバランスを取るのが、今まで近視専門のメガネからの切り替えがどうしてもしっくりこないのだ。

1時間以上の検眼の末、妥協点をやっとのことで(あきらめの感もあったが)見つけた。

制作完了まで約2週間かかった。

完成した”格安の遠近両用メガネ”やはりなじめない!車の運転時、左右の視界がボケる。
2~3週間もするとだんだん慣れてきた。これでもう2ヶ月目になる。

ずいぶん慣れてきた。 人生の先輩曰く。「遠近両用メガネは、早いほうが良い。」という言葉。

年配者の一言には、妙な説得力がある。 なるほど、そうゆう物か。

ズリ下げメガネの癖が抜けない毎日が続く。

Reported By Peter McCallum

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック