ヒートショックプロテイン(HSP)とは

オールトBB株式会社
日本リンパマッサージ協会
リンファティックテラピーサロン加盟代理店募集


個人経営者(フランチャイズオーナー)募集
◆米国発【集客法】+【全自動HP】付ビジネス新登場!◆

        資料請求は   ココをクリック






ヒートショックプロテイン(HSP)とは

岩盤浴、入浴、ホットヨガなど、38~40度の温度で身体を温めるとヒートショックプイロテインという抗ストレス蛋白質が体内に産生されます。

抗ストレスとあるようにストレスがあると産生されますが、ストレスの中でも温熱刺激が最も産生する様です。

ヒートショックプロテイン(HSP)は自己治癒力をもち、傷ついた筋肉や組織を修復したり、癌の抑制効果があることが分かっています。

ゆっくりリラックスして、筋肉量の多い部位、首から肩、大腿前面、お尻、腹部、二の腕、ふくらはぎなどをホットパックや蒸しタオルなどで温めるとよいでしょう。


ヒートショックプロテイン(HSP)は健康増進の「万能薬」

病気、疲労、老化とは細胞内のタンパク質の形が崩れることです。正常なタンパクは、きちんと折り畳まれたタオルのような形をしています。

体にトラブルが生じると、そのトラブルがどのようなものであれ、タンパクの形が崩れることに違いはありません。

HSP(ヒートショックプロテイン)は、その異常なタンパクを修復して、正常な形に戻してくれるのです。

それはまさに健康増進の「万能薬」と言ってもよいでしょう。 それほど素晴らしいHSP(ヒートショックプロテイン)ですが、これは売り買いできる薬品ではありません。

HSP(ヒートショックプロテイン)は、生体機能によって体内に形成されるプロテインであって、自分で作り出すほかないのです。

熱によるストレスが一番HSPを産生させる要因ですが、精神的なストレスすなはち、緊張感を持つ事も大切な要因です。自分が病気であり、絶対に病魔に負けてなるものかとの強い意志がHSPの産生をプラスに導きます。

完全看護、申し分のない療養環境、安心しきった精神状態は、返って緊張感の欠如という意味において、HSPによる異常な蛋白質を正常に修復する自己治癒力を弱めることにつながります。



Reported By Peter McCallum




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック